輸出事業 – Orlando-Japan

輸出事業

日本の「食」の新たな市場を切り開く為、OrlandoJapanでは、日本の「食」の大切なものと共に輸出事業に取り組んでおります。 OrlandoJapanの取り組んでいる輸出は、ただものを運ぶビジネスではなく、新たな市場や新たな価値を見出すことを目的としております。 現在は、実績としては約7か国への輸出をしておりますが、メインとしては、ベトナムと台湾になります。

新鮮な日本の食材をスピーディーに現地に!
日本の卸売市場をベトナムに!

OrlandoJapanでは月に4~5回、ベトナムに生鮮食品を輸出しております。 日本の生産者が誇りをもった食材を、Airで実現しております。 現在は北海道の卸売市場から、ベトナムへ運んで毎週北海道の海産物をお客様に食べて頂いております! 書類関係や輸出のルールには大変厳しいものはございますが、厳しいからこそ、日本の良い食材がもとめらている国です。 現地パートナーのSAKANAYA様は現地にて多くの実績があり、卸売から飲食店まで運営されております。ベトナムで海産物を求められている方や輸出を目指されている方是非、お問い合わせください。

お問い合わせやご相談等はコチラ
現地パートナーSAKANAYA様

生産者から現地消費者へ直輸出 in 台湾

最大の目的は枝幸ホタテのブランディング

OrlandoJapanでは、台湾の最大手食品グループ王品集団様へ北海道枝幸のホタテを生産者から直輸出をしています。 輸出するホタテは年間数十トンを超え、産地にこだわった輸出をしております。OrlandoJapanが北海道枝幸にこだわるのは、そこに大きな付加価値があるからです。生産者のこだわり、技術、愛は日本の大きな価値です。

OrlandoJapanが目指す輸出とは

「現地パートナーの方と時間をかけ、お客様にもご理解頂き実現できる新しい輸出」、「地域商材ブランディングをかかげた輸出」、「商社文化の時代から生産者とパートナーを組んだ新たな生産者の直輸出」をOrlandojapanは目指しております。 また、地域商材ブランディングをしていく生産者の方、地域の方のお問い合わせもお待ちしております。